痛みを最小限に抑える工夫

3か月に1回ぐらい

特に口内に異変が起こっていない時でも、チェックしてもらうために定期検診に行った方が良いと言われます。
最も良いのは1か月に1回行くことですが、仕事が忙しい人はなかなか時間を確保できないでしょう。
そこで、3か月に1回のペースをおすすめします。
それ以上の間隔が空いてしまうと、仮に口内で異変が起こっていても初期の状態で気づくのが難しくなります。

結果的に悪化した状態で気づき、治療を始めるので痛みを抑えることはできません。
3か月に1回定期検診を受けていれば、初期の虫歯でも気づけます。
その時点で治療を始めれば痛みが少なくなりますし、何度も通院しなくて良くなります。
治療費も削減できる部分が、大きなメリットですね。

近いところにある歯医者

定期検診に行きやすいよう、近くの医者を見つけるのが良い方法です。
どんなに優秀だと評判の歯医者でも、遠いと通うのが大変になります。
最初は頑張って通えたかもしれませんが、次第に行くのが面倒になり、定期検診を怠るようになるでしょう。
それでは意味がないので、まずは自宅の近いところに良い歯医者がないか探してください。

また、職場の近くでも良いと思います。
職場の近くだと仕事が終わった後や、昼休みに検診を受けられます。
時間を賢く使えるので、自分にとって行きやすい歯医者を見つけてください。
定期的に歯医者に通えば医師や看護師とも顔見知りになり、緊張しなくなります。
その頃なら、気になることを遠慮せず聞けるようになるでしょう。


Share!
B!

ページTOPへ