恐怖心を削減するために

事前に伝えておこう

こちらの気持ちを、歯医者に伝えておくことが重要です。
大人になると歯の治療を我慢しなければいけないと思っている人がいますが、そんなことはありません。
大人でも、怖かったら素直に怖いと伝えましょう。
言葉で説明すれば歯医者もわかってくれるので、できるだけ痛みを感じないように工夫しながら治療を進めてくれると思います。

また痛みを抑えるためには、口内に異変を感じた時点で歯医者に行きましょう。
虫歯や歯周病などは、放置しても治りません。
次第に悪化していき、大きな痛みを伴うようになります。
その頃になってから治療を開始しても、どうしても痛みを感じてしまいます。
痛みを最小限に抑えられるよう、口内の変化にすばやく気づいてください。

ホームページで情報収集

できるだけ設備が整っていたり、新しかったりする歯医者に行きましょう。
すると、痛みが少ない最新の治療ができます。
医学の世界は常に進化しており、痛みの少ない治療方法が見つかっています。
しかし新しい治療方法を実践するためには、ある程度設備が整っていなければできません。

そのため、事前に歯医者の設備や可能な治療方法を調べてください。
ほとんどの歯医者は、患者に情報を伝えるためにホームページを開設しています。
そこに治療を担当する医師の紹介から院内にある設備、可能な治療方法まで詳しく説明されています。
医師が豊富な経験や知識を持っていたり、痛みが少なくなるように工夫したりしていることがわかったら訪れても大丈夫です。


Share!
B!

ページTOPへ